69. `_.isEqual()`を実装する

JavaScriptLodash
お役に立つのか?

トータルで - accepted /- tried

_.isEqualを使えば、複雑なデータ型を比較することが容易にできる。

isEqualを実装するのはいかがですか?

lodash の実装ではたくさんのデータ型をサポートしているけど、ここでは以下のデータ型だけサポートすれば良い

  1. primitives
  2. plain objects (object literals)
  3. array

Objectを比較するときに、列挙可能な属性だけ見ると良い、prototypeは考慮不要。

const a = {a: 'bfe'}
const b = {a: 'bfe'}

isEqual(a, b) // true
a === b // false

const c = [1, a, '4']
const d = [1, b, '4']

isEqual(c, d) // true
c === d // false

Lodashの実装では変な挙動がある (github issue)、例えば以下のコード:


const a = {}
a.self = a
const b = {self: a}
const c = {}
c.self = c
const d = {self: {self: a}}
const e = {self: {self: b}}

lodash.isEqual では以下の結果を返してくる。falseがあったことに留意してください。

// result from lodash implementation
_.isEqual(a, b) // true
_.isEqual(a, c) // true
_.isEqual(a, d) // true
_.isEqual(a, e) // true
_.isEqual(b, c) // true
_.isEqual(b, d) // true
_.isEqual(b, e) // false
_.isEqual(c, d) // true
_.isEqual(c, e) // true
_.isEqual(d, e) // true

lodashで考慮されたパフォーマンスの懸念を置いといて、この問題では上記の変な共同を避けるべき、つまり上記の例では全部true を返して、さらにmaximum call stack size exceededエラーはならない。

10分間以内で解いてみて

ディスカス(14)