85. `_.get()` を実装する

少し工夫が必要  - accepted / - tried

_.get(object, path, [defaultValue])を使えば、複雑なデータ型から特定なプロパティを取得するのは容易にできる。ターゲットがundefinedのとき、第三引数を使う。

get()を実装してください。

const obj = {
  a: {
    b: {
      c: [1,2,3]
    }
  }
}

get(obj, 'a.b.c') // [1,2,3]
get(obj, 'a.b.c.0') // 1
get(obj, 'a.b.c[1]') // 2
get(obj, ['a', 'b', 'c', '2']) // 3
get(obj, 'a.b.c[3]') // undefined
get(obj, 'a.c', 'bfe') // 'bfe'

バッグフリーで普通なコードは何より。

(1)
(76)