64. Promise rejectされるときに自動的に実行し直す

JavaScript
お役に立つのか?

トータルで - accepted /- tried

Webアプリケーションを開発するとき、APIを叩くのは当たり前のこと。

けどネットワークの問題でAPIが失敗することもある、こんな時はエラーをユーザに知らせて、再度試してもらえるようにすると良いでしょう。

ネットワークの問題だから、自動的にretryするのも良いかも。

fetchWithAutoRetry(fetcher, count)を実装してください。失敗するときに、最大retry回数まで自動retry するように。

失敗の原因はネットワークエラーかどうか判別しなくて良い、この問題に置いて全てのrejectionがネットワークエラーと扱って良い。

10分間以内で解いてみて